入院について 面会について お願い事項 部門紹介や医療・看護スタッフからのメッセージ

 

求人について 交通アクセス

瀬戸内記念病院の部門紹介

患者さんの「笑顔」のために。

患者さんを陰になり日向になって、支えさせていただくために、それぞれの持ち場で一所懸命、
業務に励んでいます。

 

診療部
内 科 地域の医療機関と連携をとり、主に慢性期医療の診療を行っています。
精神科 主に、入院治療を必要とする、認知症の患者さんを診療しています。
その他精神疾患患者さんについては、症状に応じて精神科専門病院等に紹介もしております。

 

診療技術部
薬剤科 正確な調剤のためオーダリングシステムを導入し、もし処方箋に疑義があれば医師に問い合わせを行います。
院内製剤、特殊製剤などについても医師の求めに応じ薬剤師が調製します。
栄養科 入院患者さんへの食事提供及び入院中の栄養管理を主な業務として行っています。安全で美味しい食事、個々の治療の状況や嗜好にあわせた食事を目指して日々のお食事提供に取組んでいます。
リハビリテーション科 リハビリテーション科の役割は、当院に入院をされている患者さんを中心に、日々取り組んでいます。
患者さんのニーズを把握し意欲的に取り組みながら、医師を中心とした連携のもと、安全に疾患別リハビリテーションを提供することにより、心身の活動低下による二次的な機能の低下を予防することを目指します。また、機能障害の回復に努め、自立を促すことを可能な限り援助します。
地域医療連携室 地域医療連携室は患者さんと医療機関・介護保険施設等をつなぐ窓口となっています。主に地域の医療機関等からの患者さんのご紹介の受付を行っています。

 

診療技術部門:スタッフからのメッセージ

診療技術部長 近藤

病室

高齢者の方は肉体的な機能が低下しやすいため、現状維持を目的としたリハビリを主に行っています。患者さん一人ひとりのニーズに合わせ、看護師と綿密に連絡をとりつつ、医師とも連携してプログラムを組んでいきます。
リハビリ後も患者さんとコミニュケーションを取りながら、簡単なレクリエーション活動などを行っています。
「ここに来るのが楽しみ」という患者さんの声に、リハビリスタッフはやりがいと元気をもらっています。

 

薬剤科長 大重

厨房

当薬局では、患者さん側に立った薬の提供を目指しています。
また、薬によるマイナス面を少しでも減らすため、従来の錠剤粉砕や、カプセルを開封して経管投薬するより薬効・安定性が高い「簡易懸濁法」での経管投与も奨めています。これは温湯に入れて錠剤やカプセルを崩壊、懸濁させるもので、それが可能な薬かどうかを調べ、医師とも相談して移行させていきたいと考えています。

精神保健福祉士 地域医療連携室主任 大濱

精神保健福祉士 大濱

精神保健福祉士として常に意識していることは、「ストレングス(良いところ)探し」と「相手の立場で考える」ということです。

当院入院中の患者さんは、ご自分の思いを伝えることが症状的に難しい方もいらっしゃいます。しかし、その中で、その方が歩んでこられた人生や時代背景、そして、ご家族の思いや気持ちに耳を傾けながら、「その人らしい生活」を実現するために「私に出来ること、やるべきことは何か」をしっかり見極めていきたいと思っています。

 

看護部
認知症治療病棟 2階・3階 精神症状及び問題行動の認知症患者さんが入院されています。
内科療養病棟  4階・5階 急性期の病院で治療を終えたけれど、医療行為が必要なため、自宅・介護保険施設には戻れない状態の方が入院されています。
外 来 外来診療は、予約優先となっております。

 

看護部門:スタッフからのメッセージ

看護部長 久永

看護部長 久永

私は今まで様々な科を経験してきましたが、当院との出会いにとても感謝しています。

『人は人として、大切にする』

当院は、理念として「入院させたい、入院したい、心の満足が得られる病院」を掲げています。

どんな状態でも「人」には、心があり、表現が出来なくても魂が残っています。そのことを大切にした看護を目指していかなくてはなりません。
私は、ここで働く多くの看護師も含め、職員全員が『大丈夫よ!』と患者さんやそのご家族の思いを受け入れ、心に寄り添えられるように、一人ひとりが成長していくように尽力したいと考えています。

看護師 副主任 服部

看護部 服部

『縁の下の力持ち』

中堅ナースとしての役割と感じています。
もともと認知症看護に興味があり、内科から希望して精神科勤務につきました。実際この勤務になって多くの苦労がありますが、とてもやりがいを感じています。

私は、患者さんが父であり母であり、そして時には自分が母にもなる・・・そのような想いで関わっています。
患者さんの身になって考えていくと、ついついそのように思ってしまうのです。

年齢も中間の私は、若い看護師と先輩看護師の架け橋となって、まさに、『縁の下の力持ち』としての役割を果たしたいと思っています。

看護師 霜門

看護部 霜門

以前はクリニックと特別養護老人ホームで働いており、当院へ移ってから16年ぶりに病棟を担当しています。
最初は不安もありましたが、ここでは「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」で、スタッフ間における情報の共有が徹底。
どんな些細なことでも一緒に考えてもらえるので心強く、また気持ちよく仕事をさせていただいています。

 

事務部
病院コンシェルジュ室 来院される患者さんやご家族の不安を少しでも取り除けるよう、外来・入院時における各種手続きの説明を行ったり、施設内の案内をさせていただいております。
また入院時には、ご家族が事務手続きをしている間に患者さんを病棟にご案内する、スムーズな形で医療サービスが提供できるよう努めています。
会計室 お支払いの窓口です。
総務課 総務課では、職員の採用から教育研修・健康管理・労務管理・給与計算・就業規則等行っております。
病院ご利用者や職員が安全で安心して利用できる施設の運営に取り組んでいます。
医事課 医療に関する請求事務を扱っております。病院に来院した方への受付や電話対応、診療費(入院・外来)の計算、診療報酬明細書(レセプト)を社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会等に請求を行うことを主に行っております。

 

事務部門:スタッフからのメッセージ

事務部長 友光

事務部長 友光

事務部は、病院コンシェルジュ室・会計室・総務課・医事課の2室2課より構成されています。
業務内容は、患者さんへの受付や会計をはじめ、職員の人事に関する業務等、病院運営全般に携わります。
来院された一人ひとりの方への対応を大切に考え、「明るく」「いつも」「さきに」「続ける」の頭文字を取りあいさつを行動目標にしています。様々な専門職が集まる病院で各部署のパイプ役となり、医療現場と相互に連携を取りつつ、病院全体が円滑に運営できるよう取り組んでおります。

また、地域の皆様と瀬戸内記念病院をつなぐパイプ役でもある。そんな意識を持ちながら、皆様を温かくお迎えしています。

それぞれの担当の専門性を高め、患者さん・ご家族、また、患者の皆様に対応する病院職員から信頼信用され、そして、地域へ少しでも貢献し、より良い病院に近づくことが大きな目的・目標です。

病院コンシェルジュ室長 前田

看護部長 岡村

来院される患者さんやご家族の不安を少しでも取り除けるよう、外来・入院時における各種手続きの説明を行ったり、施設内の案内をさせていただいております。

また入院時には、ご家族が事務手続きをしている間に患者さんを病棟にご案内するなど、スムーズな形で医療サービスが提供できるよう努めています。

新設の部署ですが、来院される方に満足していただくには何が必要かを考え、それを一つひとついい形に作り上げて病院との掛け橋役を担っていきたいと思います。


事務局

患者さんに快適かつ安心して入院して頂けます様、病院内の施設及び設備の営繕・維持・補修業務を行っています。又、病院で購入する全ての物品について一元管理を行い、円滑な業務が遂行できる様、努めています。

事務局長 安達

事務局長 安達

私の担当する仕事は、物品の調達や建物の維持管理という地味で目立たない業務ですが、やりがいを持って取り組んでいます。

地味ではありますが、裏方として、患者さんの安全・安心・快適のため、職員の業務がスムーズに行われるようにするため、また、全職員が安全に快適に働ける環境をつくるために大変重要な部門として、責任感を持って日々遂行しています。


法人本部

法人全体を統轄し、運営管理の中心として機能しています。

 

当院について  外来受診のご案内  診療科目  フロアガイド  総合お問い合わせ

部門のご案内  入院について  面会について  お願い事項  求人について  交通アクセス
個人情報保護方針