入院について 面会について お願い事項 部門紹介や医療・看護スタッフからのメッセージ

 

求人について 交通アクセス沿革院内感染対策のための指針

レストランたぬき

 

院内感染対策のための指針



理 念

当院の理念である、「入院させたい 入院したい 心の満足が得られる病院」を実現するための柱として、院内感染の防止は必要不可欠であり、重要な位置を占める。この目標に対し、全職員は一丸とならなければならない。
 院内感染の予防、早期発見、拡大防止、早期終息を目的として、この指針を制定する。この指針を全職員が熟知し、感染防止に十分な注意を払いつつ、適切な医療業務を行う。

院内感染とは

・医療施設において患者が原疾患とは別に新たに罹患した感染症
・医療従事者等が医療施設内において感染した感染症

院内感染防止のための方法とシステム

院内感染防止の方法・システムとして以下を設置し活用する。
1)院内感染対策のための指針
2)標準予防策の徹底 全ての患者に全ての職員が常時、標準予防策を徹底することを基本とする。
3)院内感染防止対策委員会 組織横断的な委員会を月1回定期的に開催し、サーベイランス報告、事案の検討、感染対策の変更改定などの意思決定を行う。
また地域の流行感染症の状況や、院内アウトブレイクなどに対し、臨時の委員会を開き速やかな対応を行う。

4)職員研修 年2回、全職員対象の研修会を行い、基本事項の確認を繰り返し行う。
5)院内感染の発生動向監視(サーベイランス) 薬剤耐性菌やインフルエンザなどの発生状況を常時監視し、早期対策を行う。
6)抗菌薬の適正使用 抗菌薬の使用状況を調査するとともに、特定の抗菌薬を届出制にし、使用の適切性・妥当性について管理する。
7)院内感染防止マニュアルの整備とアップデート マニュアルをわかりやすく整備し、最新の知見に基づき随時アップデートを行う。
8)外部組織との連携 備前保健所および地域ネットワークの医療機関と関係を日頃より密にし、必要時には遅滞なく専門家と協議を行い、支援を得る。

本指針の閲覧

本指針は、当院ホームページにおいて、患者又は家族が閲覧できるようにする。
また感染症や感染対策等について、患者から相談があった場合には担当者を決めて誠実に対応する。

当院について  外来受診のご案内  診療科目  フロアガイド  総合お問い合わせ

部門のご案内  入院について  面会について  お願い事項  求人について  交通アクセス
沿革・院内外の活動について  院内感染対策のための指針  個人情報保護方針